ブログ運営

バズるとはなんなのか





SNSやブログ、Youtuberなら一度は聞いたことのある言葉「バズる」。

なんとなく使っていましたが、「バズる」とはどういうものなのか調べてみました。

 


「バズる」とは何か

言葉の定義はこんな感じです。

バズる

特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。

※weblio辞書より引用

すごく大ざっぱにご説明すると、一般的には、ツイッターやFacebook、はてなブックマークなどのSNS・ソーシャルブックマークを介して爆発的にアクセスが増えている状態をバズ(Buzz)と言います。

どのくらいアクセスが増えればバズったかは、コンテンツの規模次第なので基準は特にありません。

どうすればバズる?

まずはある程度の情報量は基本です。
ですが、文字数イコール「バズる」とは限らない気がします。

私的雑感ですが、「バズる」とはこんな要素があると思います。

・面白い
・シェアしたい
・共感が持てる

つまり、文字数がそこまで多くなくても、「面白かった、これはシェアした!!」という内容であれば「バズる」可能性があります。
なので、少し人とは違った視点でものを考え、それを記事にすると面白くてシェアしたくなるバズりやすい記事が書けるのではないでしょうか。

後は、「今は時間がないけど、また後で読みたい」内容がバズっているような印象を受けます。
これは後で読むために、はてなブックマークなどに保存するからではないでしょうか。

こういった層のために、ソーシャルシェアボタンなどは記事下だけでなくサイドバーや記事上にもあると親切ですし、サイト運営側にもメリットがあります。

あとは、社会的に賛否両論あるテーマを一方の側からバッサリと切るとバズりやすいです。
この場合は、“炎上”と言い換えたほうが分かりやすいかもしれません。
「一言物申したい」という方はたくさんいらっしゃるので、比較的バズりやすいかもしれません。

先ほども出ましたが、手っ取り早い手段としてブログを書く人の多くが意識してるのが、はてなブックマーク、通称「はてブ」です。
サイトを立ち上げたばかりでまだ力が弱い状態でもハマれば一気に「バズる」ほどで、爆発した時の効果はものすごいものがあります。

バズることのメリット

「バズる」というのは概ね、一日程度の短期間のPV集中を指すことが多いようです。
言ってみれば、大きな打ち上げ花火みたいな感じでしょうか。
それだけに、バズった記事の後は一気にアクセスが落ち込むようです。一度バズって注目しているユーザーは常駐するかもですが。

例えばスマホ向けの記事だと、

はてぶ でブクマ数増加、Facebookでシェア増加
→Twitter上に拡散
→スマホのニュースアプリに掲載

というプロセスを見かけます。

メリット

・広告収益アップの可能性(クリックする可能性)
・ドメインの力が上がって、検索上位の上がる可能性がある
・たくさんの人に見てもらえる、書き手としては一番嬉しいこと
・一度バズったから、何人かは注目してくれる

逆に言うとデメリットは「炎上する」可能性があることに尽きないでしょう。

一度はバズりたいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ブログ運営

    【ブログ収益】Googleアドセンス申請までの準備

    ブログ収益を得るには、アフィリエイトやアドセンスの登録…

  2. ブログ運営

    Googleアドセンスに登録しました。

    そろそろ頃合いかなと思い、Googleアドセンスに登録…

  3. ブログ運営

    アドセンスのクリック単価について

    アドセンスを適用してから数日です。導入してすぐに効…

  4. ブログ運営

    ブロガーにとってMacbookか必需品か否か

    ブログを書くのに自宅である必要はありません。何…

  5. ブログ運営

    【ブログ収益】Amazonアソシエイトの審査通りました。

    Amazonアソシエイトも登録しました。他のA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近のコメント

    PAGE TOP