食品

ヨーグルトメーカーでギリシャヨーグルトと飲むヨーグルトを作る




ヨーグルトメーカーを導入し、自家製ヨーグルトを作ってます。
コスパよし、美味しいし、文句ないですね。

ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトを作る

 

今回はこのヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトから「ギリシャヨーグルト」と「飲むヨーグルト」を作ってみましょう。

ギリシャヨーグルト

そもそもギリシャヨーグルトとは何かというと、

ギリシャヨーグルトは、発酵させてできた普通のヨーグルトをろ過し、水切りをしてできているんです!

普通のプレーンヨーグルトだと、ヨーグルトの上に水分が溜まっているのを見かけることが多いですよね?
あの水分は「ホエイ」(乳清)と呼ばれているもので、ギリシャヨーグルトはそのホエイを水切りの製造過程ですべて取り除いてできています。

女性の美学「普通のヨーグルトとは一味違うギリシャヨーグルトの効果と魅力!」より

水分がなくなり、固めのヨーグルトです。
ホエイと言いますが糖質が水分とともに抜けるので、糖質制限をしている人にもおすすめです。

またホエイは色々使い道もあります。プロテインの愛飲者にも聞き覚えのある名前だと思います。

つまりこういうことです。

ヨーグルト = ギリシャヨーグルト + ホエイ(乳清)

水切りをすると、2つに分かれるわけですね。

ギリシャヨーグルトの作り方

まず、ざるにキッチンペーパーを敷きます。

その上にヨーグルトを入れていきましょう。
後述で記載する飲むヨーグルトが欲しい場合は、半分だけ入れてください。(ここがミソ)

ラップをして冷蔵庫に入れます。

その12時間後。

これで水分と分離するはず。

ラップを取ります。

出来てる!

スプーンですくうと固いです、水分がある柔らかさがなくなります。

クリームチーズみたいです。

照明が赤っぽかったのでわかりにくいですが、黄色っぽい感じです。

これでギリシャヨーグルトの完成です。

飲むヨーグルト

固形のヨーグルトもいいですが、液体の方が飲みやすいと思っているので、気軽にヨーグルトを摂りたいとき用に作ってみました。

色々レシピを見ていると、牛乳とヨーグルトを1:1で混ぜると出来るとのことだが、味が薄まるみたい。

ここで、先ほどのホエイの出番です。

ヨーグルト(100%) = ヨーグルト + ヨーグルト(ギリシャヨーグルト + ホエイ)

残ったヨーグルトが50%なので、50%分のホエイを入れて100%分の水分があることになります。

作り方は簡単です。
残ったヨーグルトとホエイを混ぜます。

出来上がりは、ちゃんと混ざらないとドロドロした状態ですが、十分ドリンクですね。

味は濃い飲むヨーグルトみたいな感じです。

普通においしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 食品

    ヨーグルトメーカーで肉の低温調理に挑戦

    ヨーグルトメーカーは細かな温度調整ができるモデルがあります…

  2. 食品

    ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトを作る

    健康志向の方にとってヨーグルトは注目の食品ですよね。風…

  3. 食品

    声が出ないときは、響声破笛丸かマヌカハニー

    乾燥する冬の時期。喉がやられることがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近のコメント

    PAGE TOP