考え方

話し方で人の印象は変わる





話し方で人の印象は変わります。

例え正論であろうと、頭ごなしに否定してくる人の話は
素直に聞きたいと思えません。
これは人の心理として当たり前ですよね。

逆に、自分の意見をしっかりと受け入れてくれる人であれば、
向こうの話も聞こうと素直に思えると思います。

営業の場面でも、よく、相手を否定せず肯定する「イエス」から入り、
その後「でも?だよ」と自分の意見を伝える。

大事なのは、その「イエス」なんですよね。

これは、一度相手を受け入れた後に否定をしているので、
頭ごなしに否定するよりも相手の感じ方が大きく違います。

人に良く見せる、話が弾む人の話法。
実はそういう体系があったりします。

知らなくて無意識に実践されている人もいます。
今回は、その話法についてみていきましょう。

クッション話法

人はできる限り自身の発言に同意を得たいと考えます。
そのため反論をされると身構えてしまうのです。
そのためビジネスの世界でもできる限り相手の発言には同意をする、もしくは同意をしたかのように見せつける必要があります。
これをクッション話法と呼びます。

イエスアンド話法・イエスバット話法

「お宅の商品は高いですよね」という質問に対し「いえ、うちの商品は安いですよ」という回答は好ましくありません。
相手は同意を欲しているわけですからそこで拒否をすれば心象が悪くなります。
このような場合は「たしかにうちの商品は高いです。ですが…」という形でしかし(BUT)という返答の仕方がよいでしょう。
このように受け入れつつも拒否をするという話術がイエスバット話法というものです。

一枚クッションを挟み込みやんわり相手の問いかけを拒否する形です。
このようにすることで同意はしたが否定をしているという形をとり心象も悪くなくまたこちらの言い分を伝えられます。

ただこれは「しかし」という言葉が使われております。
人によってはこれを「否定」と考える方もいらっしゃいます。

上級のテクニックとしてイエスアンド話法というものがあります。
「たしかにうちの商品は高いです。実は…」この後の言葉は「しかし」と同じで良いのです。
「実は」と「しかし」全く違う言葉でありながらも、このように使い方によっては相手に悪い印象を与えずに伝えたいことを伝えられるのです。

話し方はビジネスだけではなく、恋愛にも通じる

ビジネスの世界ではすべてを相手に合わせるわけにはいきません。
商売のためこちらの進めやすい状況を作らなければならないのです。
これは恋愛においても同じことがいえます。
すべてを相手本位にしていれば、自分の気持ちも伝えられず思うように恋愛ができなくなるでしょう。
最悪な状況は「都合のいい女(男)」となってしまいます。主張を通す上で相手に悪い印象を与えないようにするこのクッション話法。
言葉の選び方次第でよりよい関係を築くことができるのです。言葉は人間だけが話せるものです。

しかしちょっとしたニュアンスの違いで受け手への伝わり方は大きく変わります。
とくにメールや手紙というのは相手の表情や温度というのが伝わりません。
文章で思いを伝えるのが苦手ない人は直接会って話をするほうが良いでしょう。
ただ文章でしか伝えることができない状況の方もいらっしゃいます。
その場合はその文章の書き方というのは注意しておくべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 考え方

    言い訳をやめる。それは、ちっぽけなプライドを捨てて生きてみるということ

    人は生きてきた環境によって人格が形成されます。…

  2. 考え方

    変わりたい、ならばいつもと違うことをせよ

    自分は、こんなにできない人間なんだ。今のままじ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近のコメント

    PAGE TOP